2015年6月23日火曜日

色彩ワークショップのお知らせ

















2015年7月11日(土)
絵画教室・アトリエはなむぐりのオープニングイベントを開催します。
二名の素敵なゲストをお招きし、色彩ワーク、抹茶と和菓子のコラボイベント。

色彩ワークの講師は佐貝ようこさん。

私も一度ワークショップに参加したことがあるのですが
佐貝さんのあたたかい人柄に一目ぼれしてしまいました!

色彩に、佐貝さんのまとうオーラに心癒され
良い気分で帰宅したのを覚えています。

ですので心からお勧め、ご紹介できる内容です。

私は和菓子作りに初チャレンジする予定。
作品を飾ったり、色彩ワークショップにピッタリな空間を作ります。

ゲストを招いてのワークショップは初の試みです。
色々とドキドキですが、あたたかい空間と時間を提供できればと思っております。

ご興味ある方はご連絡ください。


以下ご案内文です。




ハナムグリとは花に潜って蜜を吸う昆虫の名前です。
人は花に潜ることはできないけれど
花に潜ったところを想像するとなんだかワクワクした
気持ちになりませんか?

アトリエはなむぐりは
静かに自分の内面を見つめる場所
内側にあるものを表現する喜びを味わう場所 
自分の世界という花に潜りこみ
インスピレーションを探す場所…。 

今回はそんなアトリエはなむぐりという空間で
「色彩」をテーマにしたコラボイベントを開催します。

色彩ワークの後に抹茶と和菓子を楽しんでいただきます。
豊かな色彩に触れ、心がホッとほぐれるようなひとときをお過ごしください。























『色彩ワーク』

紙を濡らして色をおいていく「にじみ絵」を主に
アートワークを行います。

シュタイナー教育で使われているにじみ絵ですが
現代人のかたくなになった心にも生き生きとした力を与えてくれ
アートセラピーとしても用いられています。

植物や鉱物を原料にした絵の具を使用しており
より透明性を持った色 調を体感できます。

色は私達の心を解放して
あたたかな力を与えてくれます。

分析、評価することではなく
ご自身の中でおこることを大事にワークを行います。

色彩と共に心のバランスを得ていくアートワーク。
本来の自分になれる一歩につながりますように。
























◆日時

2015年7月11日(土) 14:00〜17:00


◆プログラム

14:00~15:30 色彩ワーク、講評会
15:30〜17:00 抹茶、和菓子をいただきながら交流会


◆場所

アトリエはなむぐり
京王線調布駅 
徒歩16分 もしくは調布駅よりバスで5分
(詳細情報は参加申込者へお伝えします)


◆参加費

2500円
(材料費、抹茶、和菓子代込み)
定員8名 (予約先着順)


◆ドレスコード
「色彩」がテーマなので
モノトーン以外の色物を身につけて来てください☆
(全身でも、小物でワンポイントでもOK!)


◆申込方法

mtsuku22@yahoo.co.jpまでお申込みください。


◆講師紹介

佐貝 ようこ
宮城県仙台市生まれ。
子どものアトリエ教室のスタッフ、絵画造形教室講師
として幼児、児童の表現活動に携わる。
一人ひとりの個と表現を問う中で、シュタイナー教育
アートセラピーを学ぶ。
都内各地で大人から子どもまでアートワークショップを行っている。
アントロポゾフィーゼミナール・ヴァルドルフ教育教員養成修了
LTTAアーティストトレーニングファシリテーター養成コース修了
https://artwork8color.wordpress.com/


北村 真梨子
徳島県生まれ。
東京藝術大学大学院工芸科木工芸研究室卒業。
木工と漆芸で主に茶道具を作っている。
2007年より茶道を始める。
宗和流宇田川宗光先生に師事。
*2015年6月18日(木)~6月23日(火)まで新宿京王百貨店
6階にて海藤博×北村真梨子二人展を開催。
 

仲築間 三幸
大分県生まれ。
アトリエはなむぐり主催。
東京学芸大学教育学部美術科卒業。
定期的に個展やグループ展、ワークショップなどを開催。
主に油彩作品の制作、発表を行っている。
HP http://nakatsukuma-miyuki.com/


(*画像は佐貝さんの過去のワークショップのものをお借りしました。)





2015年6月5日金曜日

時々キッチンの話


 



アトリエ時々キッチン。
なぜ時々キッチンにしたのかと言うと
私が食いしん坊だから。
料理やお菓子作りが好きだから。

「絵描きのブログを始めよう。」
と思って始めたので
このタイトル、紛らわしくてわかりづらいかも?
と悩みましたが、他に思いつかなくて…。

そして、何より食は一番身近なアートだと思うのです。
見て楽しく、食べて美味しく
口に入れた瞬間から自分自身に変わるもの。

忙しいとついおろそかになってしまいがちだけど
生活の基本中の基本として
丁寧に大切にしたいといつも思っています。

明日への活力を作る食事も
心を和ませるおやつも。

盛り付けを工夫したり
旬のものを楽しんだり
好きな作家ものの器を揃えたり
お花を飾ったり

遊び心をなるべくいつも忘れませんように…
これからもそんな心の余裕を持って暮らしていけますように。

そんな願いを込めて付けました。
アトリエ時々キッチン。

このブログでは
「キッチン時々アトリエ」にならないように気を付けよう…。